teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


第4回研究集会報道

 投稿者:管理人  投稿日:2007年11月25日(日)23時53分26秒
  毎日新聞(和歌山版)で、第4回研究集会のことが載りました。
産経新聞では、集会直後に掲載済みです。

===========================================

専攻科の存在知って 青年期の障害児教育

 青年期の障害児教育のあり方を考える「全国専攻科研究集会」(同研究会主催)が4日、和歌山市伝法橋南ノ丁の和歌山市民会館で開かれた。障害児を抱える保護者や養護学校教諭など約220人が参加し、18歳以降の障害児の教育について意見を交わした。

 集会では、社会福祉法人・ひかり福祉会(滋賀県)の立岡晄副理事長による記念講演を開催。立岡氏は、滋賀県内の養護学校高等部の生徒の保護者らに実施したアンケート結果を紹介。保護者の約7割が、高等部卒業後も教育を受けさせたいと考えていることに触れ、養護学校などに設置される専攻科の存在を広めることの大切さを訴えた。

 続く分科会では、全国各地から集まった研究者らが、専攻科教育を報告。職場実習で大きな成長がみられたなど、各地の成果を披露し、個人の成長に合わせた支援の方法などを話し合った。

 同研究会の田中良三会長(61)は、「こうした活動が、大学や短大などの門戸が広く開かれることにつながれば」と話していた。

(産経新聞和歌山版11月5日付)
http://sankei.jp.msn.com/region/kinki/wakayama/071105/wky0711050226002-n1.htm


===========================================

全国専攻科研究集会:養護学校の教育年限延長を 多様な選択肢の保障へ

 18歳で終わる養護学校の教育年限を延長し、高等部を卒業した知的障害者が学べる専攻科を広げようと、「第4回全国専攻科(特別ニーズ教育)研究集会~第3の学びの扉を開けよう!」が、和歌山市伝法橋南ノ丁の市民会館であった。教育関係者や保護者、作業所の利用者ら約230人が参加。私学での実践や地域の支援などについて発表した。【辻加奈子】

 専攻科は2年。公立で設置可能だが、現在は全国で私立校や専修学校など10校と、鳥取大付属養護学校の計11校しかない。一方、今年9月に滋賀県内の養護学校高等部の生徒の保護者約500人を対象にアンケートした結果、77%が2年以上の教育年限延長を求めるなど、就職以外の進路を求める声は強い。

 研究会では在校生や卒業生らが体験を発表。「18歳で就職するのは不安」「学校が好き。進学したかった」「高等部と違い、いろいろなことができる」などと話した。きょうされん顧問の立岡晄さんは記念講演で、卒業生を受け入れる作業所の立場から、専攻科の設置推進を訴えた。

 全国専攻科研究会長の田中良三・愛知県立大教授は「輝く青年時代に多様な選択肢が保障されるべきだ。職業訓練に偏った高等部の教育を是正し、いずれは大学や生涯学習など高等教育につなげたい」と語った。

(毎日新聞和歌山版11月23日付)
http://mainichi.jp/area/wakayama/news/20071123ddlk30040616000c.html
 
 

第4回研究集会終了しました

 投稿者:管理人  投稿日:2007年11月 5日(月)00時30分1秒
  和歌山での第4回研究集会、11月4日に開催しました。
全国各地から221名の参加があり、成功裡に終了することができました。
また、現地和歌山で準備にあたっていただいた皆様には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

新たな繋がりも生まれた回となったと思います。
今回ご参加いただけなかった方も、ぜひ来年は研究集会にご参加いただければ幸いです。
そして、一人でも多くの人に専攻科教育の必要性や意義を広げ、会としてもより一層発展できればと思います。
 

事前申し込み

 投稿者:大会準備事務局  投稿日:2007年10月29日(月)22時39分12秒
  大会まで、後、一週間となりました。事前申し込み者は、西は、福岡から北は、岩手まで
で190名を越えました。分科会会場に参加者が入れるか心配になっています。
当日は、お気をつけて和歌山にお越しください。
 

参加申し込みについて

 投稿者:大会準備事務局  投稿日:2007年10月 6日(土)20時06分1秒
  第4回研究集会の申し込みが始まっています。10/4現在、100名を超えました。
準備の都合上、早い目にお申し込み下さい。
報告される方は、20日までに、事務局へ報告要旨の提出をお願いします。当日の資料は、40部ご持参下さい。
 

第4回研究集会告知

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 6月21日(木)22時23分39秒
  今年の研究集会の概要がまとまりました。
「研究集会」をクリックしてご確認下さい。
 

第3回研究集会連絡

 投稿者:管理人  投稿日:2006年11月14日(火)23時36分6秒
  研究集会まで、あと1週間ほどとなりました。

1)22日、見晴台学園公開授業
 授業参観のお申込に際して、お弁当は注文できません。
 各自ご用意いただくか、近隣のお店をご利用下さい。

2)23日、研究集会
 当日のお弁当申込は、受付終了しました。
 参加自体の事前申込は、まだ受け付けています。
 なお、大会案内が若干変更となりました。
 最新版をダウンロードできるようにしていますので、ご確認下さい。

http://www.geocities.jp/zensenken/2006aichi.pdf

 

WEB更新

 投稿者:管理人  投稿日:2006年 9月19日(火)23時45分27秒
  第3回研究集会まで、あと2ヶ月ほどになりました。
遅くなりましたが、研究集会の案内と申込書のダウンロードが可能となるように更新しました。
加えて、若干情報更新したところもありますので、ご確認下さい。
 

情報です

 投稿者:國本@鳥取短大  投稿日:2006年 1月16日(月)12時47分30秒
  鳥取大学附属養護学校高等部への専攻科設置が認められました(正式には国会での予算成立を待たねばいけませんが)。
既に生徒募集要項も公表されています。
下記の鳥取大学ホームページの「新着情報」にリンクが貼ってありますので、ご参照ください。

http://www.tottori-u.ac.jp/index.html

 

第2回全国大会

 投稿者:小畑 @和歌山  投稿日:2005年10月24日(月)21時58分35秒
  ホームページの開設おめでとうございます。國本さま、ご苦労様です。
10月22日(土)、三重県四日市市において、第2回全国専攻科(特別ニーズ教育)研究大が、
約150名の参加で成功理に終わることができました。私は、各分科会のレポート報告内容の質の高さ、どの青年にも専攻科を含む生涯学習の必要性が感じられました。参加者のみなさんは、どう感じましたか?当日の、青年の生き生きした元気な姿に勝るものはありません。大会の運営、それを支える裏方の方、前日までの準備、企画など事務局のみなさん、本当にご苦労様でした。来年は
愛知でお会いしましょう。
 

開設

 投稿者:國本@鳥取短大メール  投稿日:2005年 9月14日(水)19時11分0秒
  全専研webに掲示板を開設しました。
会員間(まだ会員でない方も歓迎)の交流、お知らせなどでご使用ください。
 

レンタル掲示板
/7