teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ひさびさに……

 投稿者:ねむろ  投稿日:2008年11月16日(日)03時52分53秒
   書き込みというか、保守。
 昔に比べて、ネットというのがひどく危険な場所になってきたと感じる今日この頃。
 今のネットというのは、(いわゆる)アメリカのように、安全なところは一応安全だけど、危険なところとなると、雰囲気が悪い上にどんな攻撃(バーチャルなものではあるにしても)を突然受けるか知れたものでない、という感じになってきました。いずれ、まともな人間はネットでのコミュニケーションなんて考えもしない、という具合になっていくのかもしれません。というか、もう既にそうなっているのかな? あらかじめリアルに知り合っているというのでない、まったく知らない人たちとネット上のコミュニティで知り合って友達になったりする、なんて、もう昔話になりかけているかもしれません。個人的には残念なことですが。
 
 

メール送信

 投稿者:ねむろ  投稿日:2007年 4月 4日(水)00時39分52秒
   メールが最近、突然送信できなくなってビビリました。
 あれこれ頭を悩ませ、設定の変更をしたり、ネットで調べたりした結果、最終的にはOP25Bにひっかかっていたのだということが判明しましたが。
 今、僕はプロバイダのメールではなくて、ロシアのフリーメールを使っているんで、引っかかってしまったんですね。
 OP25Bとは何ぞや、ということに興味のある人は、ぐぐってください(^^)。
 幸い、ロシアのメールサーバも、僕のメールソフト(秀丸メール)もSubmissionポートに対応してくれていたため、「祈るような気持ちで」設定したら、嘘のようにスムーズに送信できるようになりましたが……!
 みなさんもお気をつけください。フリーメールを使わない人でも、ある程度の知識はもっていたほうがよさそうな気がします。
 

ディスプレイ

 投稿者:ねむろ  投稿日:2007年 2月13日(火)01時10分14秒
   急に復活しました。何なんだ。
 デスクトップ購入方針は変えないけど、若干のんびりできるかな。
 

ノートパソコン……

 投稿者:ねむろ  投稿日:2007年 2月 5日(月)22時44分11秒
   メインで使っているノートパソコンのディスプレイのバックライトが駄目になって、ほとんど見えなくなってしまいました。
 幸い、外部ディスプレイ端子に過去使用のデスク用ディスプレイを接続したら普通に映ってくれたんで、今はその状態で使ってますが。
 ノートパソコンっていろいろ便利ではあるんだけど、こういう状態になると、直ちに買い替えまで考えなきゃならなくなるのが考え物。TVとかならともかく、パソコンの中には重要なデータとかがつまっているわけだから、壊れたからといって簡単に捨てられるものでもないし。

 ま、それはそれとして、この機会にデスクパソコンを新調することに決めました。ちょうどビスタも出ましたしね。といっても、基本は自作とし、何ヶ月か掛けて少しずつパーツを買い揃えて、最後に組み立てる、という風にするつもりです。
 まずは本体ケースだな。思いっきり大型で、DVDだのなんだの、いくつもドライブを取り付けられるようなのがいいなと思ってます。ブロック塀みたいな、機能一点張りダサダサケースの「徹しきった」清々しさを好ましく思う自分ですが……この辺はかなりゆがんだ美意識と言うべきでしょうか。
 

ちなみに

 投稿者:ねむろ  投稿日:2007年 1月17日(水)23時38分56秒
  みちるさんが公営施設に使える割引は、大分行きのフェリーにも使えたように思います。

再入学資金……お誕生日プレゼントとして旦那様にねだるのも一法? 僕の記憶では、そろそろ、そういう時期になるのだったと思いますが。
 

裏なことを考えるなら……(^_^;

 投稿者:ねむろ  投稿日:2007年 1月16日(火)22時28分13秒
   学割の魅力だけのために、再入学するというのも一つの手ではあります(その場合は1年次で入学するのがお勧め。それでも、20単位ほど持ち越せます)。率直な話、新国立劇場に足しげく通う人なら、あっという間に元は取れてしまうな……。
 みちるさんに興味のありそうな演劇系の授業もありますから、完全な幽霊にはならないですむでしょうし。
 うまく復調して、卒論を履修するのに必要な単位を貯めこめれば、演劇論の先生のもと、趣味を兼ねたお勉強をするという旨みも……。

 エネルギーは、あるといえばあるし、無いといえば全然無い。この按配がなかなか他人にはわかってもらえなくて困るのですが。1~2時間の激しい集中ならできます。休み休みのんびりを繰り返して、長期戦で仕事をこなすのも、得意ではないが、できます。朝早くから夜遅くまで、みっちり、みたいなのは全く駄目です。数日間、ほとんど寝る暇も無く……みたいなのは死んでも駄目で、仮にそんな仕事を命じられたら断固拒否する以外に選択の余地はありません。その結果、何が起こっても仕方の無いところです。このような「わがままな」(と、僕は思わないけど、日本のリーマンの常識からは破天荒な態度ということになるのでしょう)人間が、まがりなりにもいままで仕事をつづけてこれたというのは、思えば奇跡的なことでした。

 僕は会った人のことを、特別なエピソードでもないとすぐに忘れてしまうので、背の高い方のこともほとんど忘れてしまいました……。
 

ちなみに

 投稿者:ねむろ  投稿日:2007年 1月13日(土)03時46分38秒
   みちるさんはフェリーその他に学割が使えるはず(自分も使いました)。その他の割引もあったはずなので、確認の価値あり。
 行き帰りともフェリーにして、死にそうなまでの退屈を満喫するというのが、現代人にとって最高の贅沢であり船旅の醍醐味である、などと今のワタクシ的には思ってます(無理強いするつもりはないですが)。
 帰りはちょいと気分を変えて、新門司から東京へのフェリーに乗るのもいいと思いますし、あるいは(これも新門司あたりから出ている)関西方面へのフェリーに乗って、そっち方面にもついでに足をはこぶ、なんてのも面白いかもです。まぁ組み合わせはいろいろ考えられるので、時刻表とにらめっこするのがよいでしょう。
 ちなみに今回の旅行では新門司のフェリーターミナルも場所確認だけしてきましたが、関西方面行きのターミナルビルはすごいセンスの建物です(笑)。

 そうそう、一般にフェリーのターミナルは(車で乗り付けるのがデフォルトだから)足の無い人には不便な場合が多いです。最寄駅からターミナルまでどのような方法で行くかはしっかり調べておく必要がありますね。

 ところで、今日、放送大学から卒論の履修許可が送られてきました。仏文の工藤先生の下で、ロシア文化研究みたいなことをする予定です。要するに、自分の趣味に関わる知識を、当代一流の先生方の力を借りて深めていこうという虫の良い算段です(^_^;)。
 

もひとつ参考までに

 投稿者:ねむろ  投稿日:2007年 1月11日(木)23時20分53秒
  僕が別府で泊まったのはこちら
なお、別府のユースホステルはつぶれたそうです。
http://www.beppu-g-h.com/

下関と国東半島は、それぞれユースホステルでした。

下関のユースは雰囲気もいいし、絶景。交通はやや不便だけど、致命的ではない。
ただ、門限が午後9時半というのはいくらなんでも早すぎると思う。
山奥の一軒家的YHならともかく、市街地だって近いんだしさ。
http://www.e-yh.net/shimonoseki/
このユースがある「火の山」の展望台もすばらしい。つい最近まで、頂上へ行く道は有料だったみたいだけど、今では無料。たぶん、採算が取れなくて市に譲渡したとか、そんなことなんじゃないかと思われますが、旅行客にとってはありがたい話。
関門トンネルは人道部分があって、下関側入り口はYHのすぐそばですが、それは歩行者無料。原付は20円。
50cc以上~125cc未満は、自動車道部分を走ることになりますが、同じく20円。
今回の旅行で感じたことは……日本の「地方」の観光はいまや、恐ろしくリーズナブルにあがるようになってきているかも、という強い印象でした。

ついでに
http://www9.plala.or.jp/kunimiyh/
 

長崎への足

 投稿者:ねむろ  投稿日:2007年 1月11日(木)21時42分53秒
   大分・別府-長崎間に高速バス「サンライト号」ってのがでているようですよ>みちるさん
https://www.rakubus.jp/rosen/ngs_bep_oit.html

 別府の温泉は鼻血が出そうなくらい安かった!
 観光の中心となる竹瓦温泉ってのが100円ですから推して知るべし(砂湯は別途1000円だけど)。
http://www.city.beppu.oita.jp/01onsen/02shiei/04takegawara/takegawara.html
 しかも! 僕が行ったときは年末年始で市営温泉その他が無料だったのです。
 結局、別府での温泉めぐりに僕が使ったのは、竹瓦温泉での砂湯追加料金1000円のみでした。

 飛行機嫌いといえば、有名なロシアの指揮者ムラヴィンスキーも飛行機が大嫌いで、数少ない来日時にはシベリア鉄道+船という、ある意味、黄金の組み合わせでやってきていたそうです。有名なマエストロと同じと考えると悪くない感じですね。もっとも、飛行機嫌いの某将軍さまも同じようなことをされたようですが……。
 

もひとつ参考

 投稿者:ねむろ  投稿日:2007年 1月 4日(木)23時13分11秒
  こっちの方が分かりやすいかも。
http://www.optc.or.jp/zenkoku_ferrykyo/kouro/index_timei.htm

さらに(本当はこっちから話は始まったのですが)国際航路も視野に入れると、さらに世界は広がるはずなのですが。
http://www.interq.or.jp/white/ishiyama/guide4.htm

 ただ、僕が乗っている100ccのスクーターを乗せられる航路というのは、どうも限られているようです。サハリン行きの航路は問題ないみたい。ウラジオストク行きにも多分乗せられるんだろうけど、便が少ないから、時間が限られていると厳しいかも(でも、ウラジオからポルトガルあたりまで駆け抜ける、なんて旅は一生に一度はやってみたいですが)。
 韓国へは、関釜フェリーで中型以上のバイクは持っていけるようですが、今のところ「往復で予約すること」ってのが条件だそうな。どっちにしろ、僕は今のところ中型のバイクには乗れないのですが。
 中国への船便もあるけど、これも、厳しそう。

 いっそ自転車にすれば、持込みの問題は楽勝だろう、とか思うけど、今度は体力の問題がね……。

 しかし環日本海は実はいろいろ船があるので、日本-サハリン-ロシア(大陸側)-韓国-中国-日本とか、いろいろ可能性はあるのです。今のところ、僕にとっては机上の夢想の段階ですが。
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:ねむろ  投稿日:2007年 1月 4日(木)01時09分2秒
   本年もよろしく>皆様

 さっそくですが>みちるさん

 帰ってきました。
 久里浜←→大分間のフェリーはそこそこ便利だし、これといった問題もないのに、異常なほど知名度が低いです(^_^;)。なんでだろ?
 おかげで、正月間直でも余裕で予約が取れて、ありがたいことでしたが。
 船内、行き帰りとも、まだまだ余裕がありそうでした。がらがらとまではいきませんが。
 帰省のピークと思われる時期にこれでは、普段が思いやられます。ま、フェリーのメインの顧客は僕のようなバイク乗りとかでは断じて無く、長距離輸送のドライバーだと思われるので、一般客への知名度が低くても、それほど致命傷ではないのかもしれませんが。

 旅行は成功裏に終わりました。これから毎年行こうかと思うぐらい。今回は、天気をにらんで、晴れが多そうだったら行こうという心積もりでいたのですが、来年以降は「雪が降らなさそうだったら行こう」ぐらいにしてもいいかな。
 ふと気が付いたら、日本のいわゆる「地方」は、すごくリーズナブルなお値段で旅行できるようになっていました。それが今回の発見。このことについては、もし説明希望があれば、またちょっと書いても良いですが、今回の旅行、えらく安くあがりました(フェリー代は別として)。除夜の鐘撞きや砂湯などエキゾチック・ジャパーン!な体験もできました。海外旅行に比べ、異文化体験のパンチは弱い代わりに、気楽に楽しめる良さはあります。

 なお、首都圏(東京近辺)からの長距離フェリーは実際問題として
 大洗←→苫小牧(北海道)
 久里浜←→大在(大分)
 東京←→徳島←→新門司(北九州)
 ぐらいかな。使いやすいのは。
 それでも、ついた先から少し走って、また別方向にいく船に乗り継いで、とかすると、案外バリエーションは広がりそうです。
 下の二つの便は、かなり似通った便ですが、下のほうが圧倒的に知られてますね。
 僕は上の二つに乗ったので、あとは3つ目にトライしたいです。徳島まで行って、しまなみ海道経由で新門司まで走り、そこから帰る、とか、あるいは四国を横断してフェリーで大分方面に抜けて、そこから帰る、とか、いろいろコースの組みようはありそう。

 他に鹿児島経由で沖縄方面に行くフェリー便もあるようですが、ちょっと使いにくそう。
 参考
http://www.interq.or.jp/white/ishiyama/guide1.htm

 では。良い旅を!
 

年末年始

 投稿者:ねむろ  投稿日:2006年12月28日(木)00時02分43秒
   29日から九州方面へ旅行に行きます。
 帰還は1月3日予定。
 久里浜と大分を結ぶシャトルハイウェイラインというフェリーを往復とも使います。
 本当は28日の夜便を予約したのですが、海が時化ていて、出航が29日に延期だとか。個人的にはむしろそのほうが好都合でうれしいぐらいなのですが、人によっては困ったりするんだろうなぁ。まぁ、無責任に言うなら、そういう文字通りのお天気まかせなところが海の風情かとも思うのですが、今の時代、そんな不確実な交通手段は避けられる宿命なのかも。
 ……って、飛行機だって悪天候ならキャンセルになるから、その点は似たようなものか!?
 

はてさて

 投稿者:ねむろ  投稿日:2006年12月23日(土)00時19分3秒
   スパムでしょうが、あえて考察するなら……

 いわゆる「正統的」なキリスト教の教義では、イエスは神に「なった」のではなく、その誕生の瞬間から神で「あった」のではなかったかしらん? そっち系の用語で言うと、イエスは神の第二の位格であるとか何とか……。

 あと「A」が「B」になることが「救い」であるとのことですが、上の例をそのままひっぱるなら「イエスが神になったこと」=「救い」なんでしょうか。それもちょっと違うと思うのですけど。まぁ難しい神学論争になったら、僕がついていける見込みはありませんので、この話題はここまでにしておきますが。

 一部の友人はご存知のとおり、僕は教会のクリスマス礼拝などを見に行くのが結構好きです。無神論者を標榜しているのに変な話ではありますが、そこに見られる荘厳な美を見に行くのだ、というような解釈で、さしあたりお願いします。
 今年はクリスマスイブが日曜なので、礼拝のはしごには好都合です。まぁ、他にもこなしたい用事があるので、実際にどうするかは当日の気分次第という感じになりそうですが、できればニコライ堂と東京カテドラルあたりは行ってみたいです。

 そういえば、ついでに、ここをご覧になっている皆さんの見解をちょっとお聞きしたいことがあります。
 僕が教会に立ち寄るとき(とりわけ海外だとそうなのですが)、ミサなどの進行に合わせて周りの人が十字を切ったり、お辞儀をしたり、ひざまずいたりする、というようなことがあります。で、僕も見学させてもらっている身として、同じように振舞うことがしばしばあります。でも、信仰を持っていない人間が十字を切ったりするのは醜いのじゃないかと、しばしば考えてしまうのです。でも、ただその場にいるだけで、一切祈りには参加しない、っていうのもなんですしねぇ……。みなさんだったらどうされるでしょう?
 

クリスマス

 投稿者: あだち  投稿日:2006年12月22日(金)16時58分27秒
         「勝手メール」おゆるしください。

     ■□■「心を強くするメッセージ」のご案内■□■


           「あなたとクリスマス」

     「クリスマス」は「神」が「人」を求めた「行為」
    のことです。

      つまり、あなたに「なぜ、生まれたのか」「なぜ、
    生きるのか」 「なぜ、死ぬのか」という「在り様」を
    示すために、御子(イエス・キリスト)をこの世にお
    下しになったのです。

     イエス・キリストとは、「イエス」は「キリスト」なり、
    ということです。すなわちイエス(大工の子せがれ)
    がキリスト(神の子せがれ)になった、ということです。

     そうです、「人」が「神」になった、「A」が「B」に
    なったということです。

     ヒトが神を求めるのを「宗教」、カミが人を求める
    のを「啓示」といいます。「聖書」はその啓示を恵示
    におきかえてくれた、「神の言葉」です。

        あなたも「A」から「B」になりませんか?
     悲しみが喜びに・絶望が希望に・弱さが強さに
    打ち変えられます。
     私も「アル中」が癒され「脳梗塞」よりの生還を
    いただいた者です。

     その「B」になることを「救い」といいます。しかし
    救いは「癒し」が必要です。そして癒しは「赦し」、
    罪のゆるしが絶対条件です。

     罪とは「在」ること、ヒトは存在すること自体が罪
    です。なぜならカミの言葉を「拒否」する「魂」が肉の
    いのちだからです。
      しかし、罪は自分で見ることができません。――
    自分の「顔」が自分でみれないように。

     鏡によって顔をみるように、ひとは「聖書」によって
    のみしか、罪を悟ることができません。
     罪とは悪いことをすることではありません。「善いこと」
    ができないことです。

     たくさんの「神々」をお持ちの「あなた」この機会に、
    あなたを「新しく」なしてくださるキリストの神をご覧に
    なりませんか――

          それが「新約聖書」です。
 

おつかれさん

 投稿者:瑠萬堂  投稿日:2006年10月17日(火)21時21分29秒
  また話を聞かせてくださいな。
とはいえ、私は年内は週休一日モードになりそうだが。
 

帰還報告

 投稿者:ねむろ  投稿日:2006年10月17日(火)03時20分27秒
   アフリカ(ガーナ及びトーゴ)への旅行から無事に帰ってきました。
 とりあえずご報告まで。
 

近況

 投稿者:ねむろ  投稿日:2006年 2月21日(火)00時08分32秒
   この前、映画「ホテル・ルワンダ」見てきました。
 明日は「白バラの祈り」を見に行く予定。
 日曜日は、東京都夢の島熱帯植物館に行って、チョコレートについてのレクチャーを聞いてきました。
 http://www.necsoft.co.jp/kiba/nettai/event/index.html

 この辺の話は、どれも、そのうち詳細をブログに書きたいところですが、どうなるか……。
 

Niftyとspamと

 投稿者:(ぱ)  投稿日:2006年 2月17日(金)00時31分23秒
   んと。別にねむろさんは、spamがNiftyの責任だとは言ってないのでは。
 私もNiftyでメールアドレスを持っていて、Webページやら何やらで無警戒にアドレスばらまいておりますが、spamは現在1日100通くらいかな。
 ただ、Niftyのベイジアンフィルタが9割以上の確率でspamをはじいてくれるので、なんとか実用になっています。こういうサービスをサーバ側で実現してくれるNiftyはやっぱりたいしたものです。

 …が、1点不満があって。
 フィルタをすり抜けてspamが来た場合、2~3回のクリックでそのメールを迷惑メールとして学習させることができます。フィルタの学習と、拒否アドレス登録のためです。
 これはこれでよいのですが、spamなんてのは送信者を偽っているのが常なので、間違って拒否アドレスに登録されてしまうことがままあるのです。そして、拒否アドレスではじかれたメールははじかれたことすらこちらにはわからず、しかも、拒否アドレスリストの編集機能が実にへぼいのです。これは本気でどうにかして欲しい。
 

一日20~30通くらいかな

 投稿者:ねむろ  投稿日:2006年 2月15日(水)00時43分43秒
   >みちるさん
 相変わらず、手厳しいですね(^_^;)。
 数はタイトルに書いたくらい。人によってはこれくらい何でもないのかもしれませんが、僕には処理しきれない量でした。一つには、僕がアクセスに使っていたソフト(Air Claft)は、まずメールをすべてダウンロードしたうえで巡回開始、っていうのが基本動作で、いらないスパムを回避することができなかったのです(設定でなんとかできる感じではなかった、と思います)。と言って、エアクラになれた体ではとても手動巡回に戻る気もおきなかったのです。

 ちなみに、SPAMは海外のものがほとんどでした。それも、一社からだけくるわけではなく、やたらいろんな会社から送られてきてました。海外のメールマガジン的サービスを購読したことがあるので、そこからアドレスが流出したものか、単純に僕のHPから拾ったか……その辺はよく分かりません。
 

そうなんだろうね

 投稿者:ねむろ  投稿日:2006年 1月26日(木)23時14分43秒
   それにも気づかないくらい、長いことアクセスしていなかったということですね。
 完全に幽霊会員になっていたということですね。自分でも自覚のないままに……(苦笑)。

 そもそもメールチェックといっても、SPAMの嵐で事実上、メールボックスは収拾のつかない状況になってました。僕をnifから引き離したのはSPAMだったと言ってもいいのかも。
 まともに使えて、プロバイダにも依存しない(いざとなったら、変更も可能な)メールアドレスを見つけるのには、大分手間を取られました。探した甲斐あって、今のはなかなか便利につかえてますが。
 

メールが来ていたはずですよ

 投稿者:みちる  投稿日:2006年 1月26日(木)22時20分24秒
  PATIOの閉鎖にしても会員種別の変更にしてもID宛にメールが来ていたはずですよ。  

知らなかった……

 投稿者:ねむろ  投稿日:2006年 1月23日(月)22時03分49秒
   ニフティの「パティオ」サービスは2005年5月31日付けで終了していたんですね。
 ていうことは、もう半年か1年ぐらい、僕はニフにアクセスしていなかったんだ!?
 自分でも信じられないけど、そういうことのようですね。

 僕のIDで持っていたパティオがあって(下で書いたホームパーティは間違い。パティオでした)、実際上まったく稼動はしてなかったけど、それでも終了間際にはやはりいろいろ書き込みがあったりしたんでしょうか、それとも最後まで特にこれといった動きはなかったのかな?
 正直、設置当初はともかく後では惰性で維持しているだけみたいな感じでしたが、それでも最後には一応それらしきご挨拶をしたかったな。かつての参加者が連絡をとりあえる場所も用意しておきたかったし、そうするべきだったでしょう。
 しかし、この失敗はいまさらどうしようもありません。参加されていた皆さんには、機会があればなにかお詫びをしたいところです。
 なんにしても、ニフにはこれでさようならです。もう、さようならしない理由はなくなりました。
 一時期、僕の生活はニフ一色だったりしました。いろいろな素敵な経験がありました。そして、悲しいことも少しありました。それらひっくるめて「何もかも、皆なつかしい」です。すべてが、とても昔のことのように感じられます。
 さらば、ニフティ!
 

ニフティ解約

 投稿者:ねむろ  投稿日:2006年 1月23日(月)06時38分32秒
   いきなりのことですが、@ニフティ解約しました。
 ご存知の方はご存知でしょうが、@ニフティには旧ニフティサーブ会員と、新@ニフティの会員の二種類がいます。そして僕は前者……のはずだったんだけど、なぜか、しばらくアクセスしていなかったうちに、後者に変更となっていたみたい……。
 なぜ?なのかよく分かりませんが、とにかくそうなっていました。
 ほとんど死んでたけど、自前のスペース(ホームパーティってやつ)持ってたので、そちらの人たちには一応通知出してから解約、と思ってたんですが。
 (3月に旧パソコン通信サービスを終了するという話だったので、それにあわせて解約するつもりだったのですが)
 してみると、もうそのホームパーティも消えていたのかな??
 なんだか、良く分からない事態で、申し訳なさもあるのですが、いまさらしかたありません。
 ともかく、正確には1月31日までで解約ということにしました(もう入力済み)。
 というようなところです。
 

ツポレフは安全か?

 投稿者:ねむろ  投稿日:2006年 1月15日(日)00時31分16秒
   下のページのリンク先から、ツポレフが安全かどうかという記事へのリンクをみつけました。なかなか興味深いです。
http://www.kit.hi-ho.ne.jp/endo/index.html
 (ちなみに、チェブラーシュカ関連のリンクもありますね)

 記事は英語だけど、まとめるとこんな感じかな?(2001年7月付け)

 ツポレフ154は923機建造され、約530機が現在もロシアで就航している。就航開始は1972年で、1986年に改良型が出た。就航開始以来28機が事故で失われているが、これは生産機数や就航年数を考えれば、ノーマルな数字だ。ボーイング727は1600機以上が生産されたうち68機が失われているので、それに比べると154の事故記録は大変良い。とはいえ、これだけではあまり有効な比較とは言えない。なぜなら727は154より頻繁に飛行するのが常である一方、154は悪い飛行条件のもとに飛ぶことが多いから(吹雪に見舞われたり、内戦のとばっちりで撃墜される例など)。

 この記事は結論らしき結論のないままに終わっているけれど(なんか「アチラ」っぽくないですね)、この内容だけで言うと、ツポレフって一般的に言われるほど危険じゃないってことになるのかな? だったら、これからは安心してアエロフロートに乗れるというものですね(まぁ、今までだって平気で乗っていましたけど)。
 

ついでに、ひとりごと

 投稿者:ねむろ  投稿日:2006年 1月 3日(火)05時17分48秒
   なんだって、ロシアはウクライナへのガス供給をとめるなんてことをしたのだろう?
 いっそう両国の関係を冷え込ませるだけの効果しかなさそうだなんてこと、どんなバカにだって容易に想像できそうなことなのに。まったく理解できない……。
 

電車男

 投稿者:ねむろ  投稿日:2006年 1月 3日(火)05時03分32秒
   笑われるかもしれないけど、電車男、ようやく読めましたよ。本どっかで入手しようかと思ったこともあったけど、結局ネットで全部読んでしまいましたよ。後日談まで含めて。
 さ、今日はもう寝ます。もうそろそろ夜明けだけど(電車男ログ風にまとめますた)。
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:ねむろ  投稿日:2006年 1月 1日(日)02時08分23秒
   2006年。年をとると、1年1年、本当にあっという間に過ぎていく気がします。
 なかば開店休業になっていることも多い当HPに、それでも来訪を続けてくださっている皆様には心から感謝。本年も引き続き、変わらぬご愛顧(?)を賜りたく、お願い申し上げます。

 さて、2005年の大晦日の夜は「SAYURI」のレイトショーを見てきました。見終わったときには日付が変わっていたので、つまり、この映画を見ながら年を越したことになります。こういう年越しが素敵かどうかはさておき、少なくとも作品のチョイスとしては間違っていなかったなという感じです(どっちかというと、正月向きの映画かもしれませんけどね)。
 感想はBlogの方に書きました。べた褒めしすぎたかしらん? でも、まぁ、とにかくこれが当座の感想なのでした。
 

年末

 投稿者:ねむろ  投稿日:2005年12月31日(土)16時22分59秒
   どうも低調にしてさびしい年末をおくっております。冬コミも、行く気はあったのだけど、結局行かずじまいになってしまったし。
 一つには、HPの手入れをしていた、なんてこともあったりするんですが。

 北朝鮮ポップスの別館を作りました。目次から飛べます。僕の持っている北朝鮮ソングなんてたかが知れてますので、多分2~3曲いれて終わりになると思うんだけど……。

 おまけ。北朝鮮のマスゲームフラッシュ。置いてあるのはどうもスウェーデンのマスコミ関係(新聞社か?)のサイト内のようです。
http://www.dn.se/content/1/c6/47/32/67/Korea.swf
 

情報

 投稿者:ねむろ  投稿日:2005年12月25日(日)07時05分51秒
   瑠萬堂くんのお嫁さん(ネット上でなんと書くのが適切なんでしょうかね?)が先日、正体を気にしていた曲は、バッハの管弦楽組曲第2番の7曲目「バディヌリー」でありました。とっくに分かっていたかもしれませんが、一応。
 http://crankcity.com/classsymphony.html
 こちらで聞くことができます。飛ぶといきなり$44.50とか書いてあってビビるけど無視して可。上から4曲目のところで「Full Length Lo Rez Demo」を選べば(これが重要)、全曲を無料で試聴できます。
 

まぁねえ……

 投稿者:ねむろ  投稿日:2005年12月19日(月)03時52分20秒
  >>エ○バの証人の勧誘の人が、ときどき僕の家のベルを鳴らすよ。
>それはかなりいやだね。管理人にも、もっと強い態度で接してもらいたいものだ。

 まぁ確かにそれは僕も思わないではないのだが。
 (ただ、もし一軒家であればどっちみち避けがたい問題だけど)
 でも僕にとって、もっと鬱陶しいのは新聞勧誘で、これだけは警察が逮捕してくれていいと思うことがないでもない(半分本気。でも、そんなことをしたら、マスコミがだまっちゃいないなw)。

 ただまぁ、ごく一般論として僕が思うのは、普通の(ちょっと前までの)日本の公営住宅的つくりの集合住宅で、共有部分への部外者の立ち入り禁止を謳うのは、そもそも無理があるということだね。あんまりそういう作りになってない(ポストがドア自体についているなんてあたりからして)。よくも悪くももっと開放的。共有の通路部分などは公道に準ずる自由通行部分と見なさなければ、いろいろ矛盾が生じると思う。
 ポストにスーパーのチラシを入れて回るバイトの人を逮捕するのは現実的でないし、そもそも、そういうの一切を遮断するのが、住民の意思や利益に本当にかなうのかどうかも疑問(僕自身は全然困らないが、それでは不便という人も結構いるのじゃないかと)。
 最近の管理厳重なマンションでは、そもそも部外者は1Fのエントランス部分にしか入れないようで、その辺はだいぶ違うのだろうが
 (僕はよく知らないのだけど、この場合、郵便受けはそのエントランス部分にあるのだろうね? 郵便局とか宅急便の人のエントランスへの立ち入りは当然OKだろうけど、スーパーのチラシを郵便受けに入れにくるのは、一般的に「アリ」なんだろうか。それとも規制するのが一般的なんだろうか)。
 ただ、先日、某瑠満堂くんちに行った時に出た話だけど、そういうマンションだと子供たちがなかなか自由に行き来できなくて気の毒、ということだった。セキュリティを強化すれば、そういう問題も起こってくるんだな、と。それでも、今の全般的な社会の流れはセキュリティ強化だろうが。

 ……話はちょっと飛ぶけど、大きく出ればこれは文明史的な問題もはらむと思う。犯罪統計的に見ればかつて(たとえば昭和40年代)の方がずっとリスクが大きかったのだと思うが――社会が富み栄えると、いざというとき失うものが大きくなるせいだろうか、むしろ危険は強調され、セキュリティは強化され、とやっていくうちに次第に社会システムが硬直化していく、という一般的な傾向があるような気がする。これが行き過ぎると社会は活気を失い、別の、もっと若い文明に滅ぼされてしまう、っていうことが歴史には往々にしてあったのではないか、と……。

 話を元に戻して、たとえばヨーロッパの安宿エリアでは(ローマとか)、一つのビルの3Fに○○ホテル、4Fに××イン、5Fは個人の住居、なんていう感じになっている雑居ビルがたくさんあったように思うのだけど、ああいうところの共有部分は、どういう扱いになっているのだろう? 各ホテルに飛び込みで回る営業マンとか、エ○バの証人の勧誘の人とか、いないのかな? それとも(zakzakくんが下に書いたとおり)向こうではそういうのは厳しく規制されていて、そんなことをすれば即逮捕?
 

レンタル掲示板
/7